ブログ
  • 株式会社プライオリティ home
  • >
  • ブログ
  • >
  • CS委員会の仁義なき戦い
2018.09.10

CS委員会の仁義なき戦い

プライオリティでは、いろいろな制度を社員で運営しています。
今期、私の役割がCS委員会なのですが・・・。

書籍代会社全額負担制度」というものが去年からCS委員会で作られたのですが、中々浸透せず、去年も購入したのは5冊だけでした。

行動指針の中にも「学ぶ」がありますので、この制度を通じて成長し、習慣が付けたいと考えていました。

そこで、「書籍代会社全額負担制度」を見直ししました。

ストーリーとしては、

①制度を知ってもらう
②制度の関心を持ってもらう
③制度を利用してみる
④制度を通じて「学び」を知る
⑤制度のメリット、学びの手ごたえを感じる
⑥制度の活用、学びの習慣を得る

中々の道のりですが、すぐに⑥に行くわけではありません。
委員会は任期2年ですので、この「学び」をブラッシュアップしていくために、書籍代会社全額負担制度に拘ってPDCAをまわしていきます。
まずは手始めに、
「①制度を知ってもらう」をするために、目的・購入までの流れを追加し、いらない部分を精査しました。

 

出来上がったのがこれ↓(赤文字は追加した事、訂正線は無くした事)

 

 


 

書籍代会社全額負担制度の内容について

【目    的】 学ぶという習慣を身につける。学ぶ習慣がある人を増やしていく。

【概    要】 会社側で書籍の購入を援助する制度。

【実 施 時 期 】 2017年5月より実施。

【月の購入冊数】 月5冊(年間60冊)を目安。

【対      者】  社員アルバイト

【購入までの流れ】掲示板にて本の購入希望リストを貼付。希望者は、購入したい本を購入希望リストに記入する。希望者以外は、購入希望リストから読みたい本を選定し、記入する。1名以上希望があれば、購入とする。尚、この方法は3か月ごとに分析し、変更していく。

毎月20日〆で購入希望の本を募集する。
購入希望者はCS委員会へ購入したい本の詳細を送る。(amazonURL、価格、購入理由)
月末の委員会会議にて精査を行う。(ここで購入する本の候補を決めます。)
その後、社長に稟議をあげ翌月の上旬までに購入するといった流れで進める。
※本の詳細に関してはCS委員会宛てにメールをお願い致します。

【貸出方法】
貸出期間は基本的には1週間。
休憩スペースに図書スペースを作り、読み終わった購入者は図書スペースへ返却する。
または現状の棚を整理し、その部分に図書スペースを備えつける。候補としては社内正面の棚空白スペース。または、〇〇さんデスク左側の棚スペースなど。
※スペースの詳細に関してはまたご報告させて頂きます。
読み終わった方は必ずレビューに記載を行う。確認は毎週CS委員会担当。
担当に関してはCS委員会内で毎週の担当を決める。図書スペースへレビュー本を置く。

【本の範囲】
ビジネス、マーケティング、自己啓発系を中心とする。
※業界紙や雑誌関係に関しては内容次第となりますので要相談。

平成31年度、年間24冊以下であれば、この施策は廃止


IMG_4166

この張り紙を掲示板に張り付けて、一週間・・・。

朝礼や会議でこの制度を伝えたので、「①制度を知ってもらう」は
クリアできたかと思います。(まだ、誰も「いいね」がありませんが)

次は、「②制度の関心を持ってもらう」

関心を持つためには、興味を引く、魅力ある施策が更に必要です!

 

乞うご期待!

webでのお問い合わせ

TEL 052-324-7277b受付時間 9:00 〜 21:00 年中無休

Webでのお問い合わせ

株式会社プライオリティ

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-14-18 A-PLACE金山4F
Tel.052-324-7277 / Fax.052-324-7278

Copyright © 名古屋のオフィス環境(複合機,ビジネスフォン)と販売促進(ポスティング,ホームページ制作)を
サポートする企業 株式会社プライオリティ All Rights Reserved.