ブログ
2016.09.13

5S活動の躾は曲者?

5S活動は、整理・整頓・清掃・清潔・躾とすべて頭文字が【S】ではじまりますので、【5S】といいます。

5S活動はもともと製造系3S活動から生まれました。 整理、整頓、清掃の3つに取り組んで生産活動を上げようというものです。 このことから一般的に5S活動は製造系の企業が取り組み、一般の会社にも広がってきました。

5S活動は安全で快適で効率的な職場をつくるというものが目的だと思いがちですが、本来の目的は何でしょうか?

それは、「守ることを決めて、決めたことを守る」風土を作ることです。

この風土を作るために躾があると言いたいところですが、この躾も曲者です。何故なら、躾になってしまうと多くの人が管理をしようとし、人を変えようとします。又、される側は管理されるという図式になってしまい、主体性を無くします。

では、最後のSを何にするか?

それは、誰かが誰かを管理するのではなく、自然に5Sをしてしまうような仕組みや仕掛けや習慣の頭文字の「S」がプライオリティではしっくりくるのです。

webでのお問い合わせ

TEL 052-324-7277b受付時間 9:00 〜 21:00 年中無休

Webでのお問い合わせ

株式会社プライオリティ

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-14-18 A-PLACE金山4F
Tel.052-324-7277 / Fax.052-324-7278

Copyright © 名古屋のオフィス環境(複合機,ビジネスフォン)と販売促進(ポスティング,ホームページ制作)を
サポートする企業 株式会社プライオリティ All Rights Reserved.