ブログ
2019.10.24

台風19号とその後

10月12日から大型で非常に強い勢力で日本列島を通過した台風19号。
この台風により西日本~北日本にかけての太平洋側を中心に大雨や暴風となり、多くの人が亡くなり、行方不明者も出ています。
1
また土砂災害、断水、停電、多くの川が決壊し、それによって床上浸水した住宅も多く、今も復旧作業が続いています。また道路が寸断され、車両による往来ができない孤立した集落もありました。
長野県にあるJR東日本の車両センターでは、堤防決壊が原因で120両もの車両や整備する機械が水没し、すべて合わせて360億円の被害が出たそうです。

台風19号で発生する災害廃棄物については、環境省は建物の浸水などが多いことから、廃棄物の量は、2018年7月の西日本豪雨で発生したおよそ190万トンを上回るとの見通しとの事。廃棄物の処理には、2年以上かかるとみられ、環境省は、ほかの自治体で処理をする広域処理の調整を始めています。

発生から1週間余りが経過し、被災者は、流れ込んできたゴミや泥が付着した家財の片付け作業に追われています。そんな住民もボランティアによる助けを得ながら、復興に向け、前を向こうとする姿もあります。

現在、地球温暖化の影響で、台風は巨大化し、記録的豪雨の頻度も高まっています。地球温暖化を防ぐ方法を世界の住人1人1人が考え動いていく事が急務だと感じます。

そして、台風19号・台風20号の影響が残っている中、現在21号も近づいています。今後も台風の動向や温帯低気圧の大雨に注意が必要です。自分で今出来る事を行動し対策をしていきましょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A4%E5%92%8C%E5%85%83%E5%B9%B4%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC19%E5%8F%B7

webでのお問い合わせ

TEL 052-324-7277b受付時間 9:00 〜 21:00 年中無休

Webでのお問い合わせ

株式会社プライオリティ

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-14-18 A-PLACE金山4F
Tel.052-324-7277 / Fax.052-324-7278

Copyright © 名古屋のオフィス環境(複合機,ビジネスフォン)と販売促進(ポスティング,ホームページ制作)を
サポートする企業 株式会社プライオリティ All Rights Reserved.