ブログ
  • 株式会社プライオリティ home
  • >
  • ブログ
  • >
  • プライオリティの理念体系
2020.02.19

プライオリティの理念体系

こんにちは!
株式会社プライオリティの天川と申します。

プライオリティでは、毎年「経営指針書」という冊子を作成し、社員全員へ配られます。
この「経営指針書」はプライオリティの現状、未来、ルール、スケジュール等、これを見れば、わかるという優れものです。

今回は、この「経営指針書」の中に書かれている、プライオリティの理念体系というお題でご紹介いたします。

【プラオリティの理念体系】

プライオリティの理念体系には、5つのセクションに分かれています。
・創業の精神
・経営理念
・行動理念
・ビジョン
・年間テーマ

【創業の精神】
創業の精神とは、創業者が創業当時から抱いている想いと考えです。
*************************************
「野球チームのように、働く全ての人に役割と責任のポジションがあり、誰もが必要とされる仲の良い会社を作りたい。」この想いが創業の精神です。創業当時は、大学時代の友人と共同経営で会社を創りました。
今ではその友人とそれぞれ違う道を歩んでいますが、創業者の一人である私は今でもその想いは変わりません。
 野球には決められたポジションがあり、役割と責任を担います。全員がその役割と責任を果たさなければ試合が成り立ちません。ピッチャー、キャッチャー、補欠の声出しのムードメーカー、全ての人が必要な存在であり、必要のない人間はいません。
 働く全ての人が互いの長所を活かし、互いの短所を補完しあい、互いに尊重しあう関係でありたいと思っています。与えられた役職は権威的なものではなく、組織の中でのポジションでしかありません。
年齢、男女、勤続年数、社員、アルバイト関係なく、自分のポジションの役割と責任を全うすれば最幸のチームになります。
 他人に依存しない関係、自立した者同志の中にいることで、皆がより良い
最幸の人生を歩むことができると信じています。
代表取締役 岡棟建二郎
*************************************

経営理念や方針などは、事業が変わったり、人や環境が変わると目指す方向性が変わったり、よりリアルに掲げられていくので変化していきますが、この創業の精神だけは変わらないものです。

【経営理念】
会社組織の根幹となる考え方であり、将来にわたって働く人が共有すべきものです。
この経営理念は、数年前に社員全員で1日かけて話し合ったものになります。
その話し合いの中で、出てきた言葉は、多少の表現は違うけれど、ほとんど一緒という体験をしました。本来、みんなが思う未来図は、一緒なのかもしれません。

*************************************
我々は仕事を通して自己成長を積み重ね、
お客様に喜ばれる事で世の中の発展と繁栄に貢献し
関わる全ての人を幸せにする
*************************************

通常の会社では、会社をよくするために、自分を成長していこうと言われることが多いと思います。プライオリティはその逆です。自分が成長することで、喜ばれ、貢献でき、全ての人を幸せにすると言う点です。

こんなエピソードがあります。
社長がよく私たちに話してくれるのは、自分の幸せのために会社を活用しなさいと言われます。社長でさえも、自分の人生をよくするために、会社があると言っています。
ただ、自分だけ良ければそれでよい・・・ではなく、周りも幸せにならないと、自分の人生が良いはずがないという考え方です。

何のために働くのか?という本質の目的を気づかされる経営理念は私のお気に入りです。

又、時がたつと、変化もありましたが、3行目の「関わる全ての人を幸せにする」だけは、皆で考えた日から変わっていません。

そして、年月を重ねるたびにブラッシュアップし、社員が同じ解釈ができるよう、定義や説明文、優先度が追加されました。

【経営理念の定義】
  ■ 我々は仕事を通して自己成長を積み重ねること (人間性)
充実したより良い人生を歩むために、仕事を通じて自己成長と自己実現を成し遂げ、関わる周りの人に良い影響力を与えられる人間になることを目指します。

  ■ お客様に喜ばれる事で世の中の発展と繁栄に貢献し (科学性) お客様に喜ばれる仕事を追求し、我々の仕事は世の中の課題解決と、CSR(社会的責任)活動のために行います。

  ■ 関わる全ての人を幸せにする (社会性)
会社組織としてあらゆる物事を判断するうえで、幸せの優先順位は下記1~5の順序とします。
我々は会社組織に属して仕事や生活をしているため、関わる全ての人に支えられて存在することを忘れず、「一人はみんなのために みんなは一人のために」の精神で行動します。
1.働く人達(社員、アルバイト、派遣、委託員)
2.働く人達の家族 
3.お客様
4.協力会社
5.社会

具体的には以下のような状態を目指します。

1.働く人達が、「活き活き」と働いていること
より良い労働環境の中で、各自が役割と責任を果たし、主体的に働き輝いていることです。
2.家族が「豊か」に生活をしていること
会社に誇りをもち、安心して生活をおくっていることです。
3.お客様が「喜ぶ」こと
お客様の立場になって考え、感謝されていることです。
4.協力会社と「winwin」であること
適正利益を得ることで互いになくてはならない存在であることです。
5.社会に「貢献」できていること
社会にとってなくてはならない会社であることです。

【行動理念】
一緒に働きたい仲間はどういう人なのかを行動指針にしたものになります。
プライオリティ社内では、「心得八ヶ条」と呼ばれています。

(心得八ヶ条)
≪学 ぶ≫何事からも学びがあると受容れ、変化を恐れずに挑戦する習慣をつけよう!
≪感 謝≫与えられている様々な恩恵に気づき「ありがとう」を言う習慣をつけよう!
≪承 認≫愛をもって人に接し、自分を承認して他人も受容れよう!
≪尊 重≫相互に信頼しあうパートナーとして、信頼関係を構築しよう!
≪プラス思考≫現在と未来の比較で、肯定的にできる方法をひたすら考え実行しよう!
≪一生懸命≫今、自分の出来ることに全力で取組み、充実した一日を積重ねよう!
≪素 直≫物事を有りのままに受容れ、恰好をつけずに自分らしく自然体でいよう!
≪継 続≫決意した事をどうしたら継続できるかを考え、行動レベルまで落としこもう!

この心得八ヶ条も、学ぶ・感謝・承認・尊重・プラス思考・一生懸命・素直・継続の8つのキーワードだけでしたが、プライオリティとしてどう解釈するのか?を明確にするために。説明文が追加されました。

今は、この八ヶ条を使って、八ヶ条徳目朝礼を実施しています。

【10年ビジョン】
10年ビジョンとは、10年後に会社組織がなりたい姿であり、各々の事業において実践すべきものになります。

今期、プライオリティでは、10年ビジョンをまとめました。
元々あるICT事業部とセールスプロモーション事業部、そして今回立ち上がった起業家支援事業部の3つの柱をベースに、ECサイト事業、物流事業、エンジェル投資事業、起業制度でシナジー効果を出し、ヒト・モノ・カネを共有し、チーム組織として顧客のニーズをお応えしていきたいと考えております。

【年間テーマ】
年間テーマとは、今期やり遂げる目標を指します。

「物心両面共に豊かな人生を追求するため、強靭な「文化」を行動することで築きあげ、誇りの持てる労働環境をつくる!

webでのお問い合わせ

TEL 052-324-7277b受付時間 9:00 〜 21:00 年中無休

Webでのお問い合わせ

株式会社プライオリティ

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-14-18 A-PLACE金山4F
Tel.052-324-7277 / Fax.052-324-7278

Copyright © 名古屋のオフィス環境(複合機,ビジネスフォン)と販売促進(ポスティング,ホームページ制作)を
サポートする企業 株式会社プライオリティ All Rights Reserved.