ブログ
2019.11.15

フードロス問題

フードロス問題

みなさん、フードロスという言葉をご存知ですか。
フードロスとは売れ残りや食べ残し、賞味期限切れ食品など、本来食べる事ができたはずの食品が廃棄される事です。

1

現在世界中でも問題となっていて2015年の国連サミットで、食料の損失、廃棄の削減について目標設定されました。その中で小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食品廃棄量の半減等を目標として掲げています。

日本で1年間に廃棄されている食品廃棄物は約2,759万トンであり(2016年度で)、そのうち「食品ロス」にあたるのは、およそ643万トンに及ぶと考えられています。
国民1人当たりに換算すると、ご飯茶碗約1杯分(約139g)の食べ物が毎日廃棄されている計算となります。また年間にすると国民1人当たり約51kgとなり、 年間1人当たりの米の消費量(約54kg)に相当します。
(出典:農林水産省発表資料)

コンビニでも食品ロスが酷く、おでんの販売を取りやめた店舗もあります。管理に手間がかかり、また売れも残りも多く赤字。具材を満たした状態でないと売れず、その一方で売れ残れば4時間で廃棄しないといけない具材も。
(参考:https://www.fnn.jp/posts/00048812hdk/201911041830_mezamashitelevision_hdk)

フードロス問題を解決するには、小さな事でもいいので工夫が必要です。
例えば、
・野菜の皮を剥いて料理を作っていた所を、皮ごと料理をして使い切る。
・ついついたくさん取りたくなってしまうビュッフェは控えめに取り、食べきれる量しか取らない。
・飲食店等で、小盛やハーフサイズ、食べきりサイズなどのメニューを出している所も増えているので、そういったのを利用して食べ残さない。
・賞味期限が長い日にちのものを購入し、期限内に使い切る。

それ以外でも個人で出来る事、企業で出来る事を分けて考え、それぞれが行動していく事が急務であると思います。

webでのお問い合わせ

TEL 052-324-7277b受付時間 9:00 〜 21:00 年中無休

Webでのお問い合わせ

株式会社プライオリティ

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-14-18 A-PLACE金山4F
Tel.052-324-7277 / Fax.052-324-7278

Copyright © 名古屋のオフィス環境(複合機,ビジネスフォン)と販売促進(ポスティング,ホームページ制作)を
サポートする企業 株式会社プライオリティ All Rights Reserved.