ブログ
2018.06.12

制度を考える

プライオリティの産休制度が始まったのは、5年前。
ある女子社員が出産してもプライオリティで働きたいと要望があってから、制度がつくられました。

今まで取得した方は2人。

こういった制度には、デリケートな部分もあります。
産休だけではないですが、制度には使える人と使えない人がいるという点です。

例えば、産休制度であれば、男性はもちろん使えないですし、女性でもそのまま退社したい人、そもそも子どもを産まない人もいます。介護制度なら、もう既にご両親が他界されているなどです。

働く職場が働きやすくなるのは、誰でも望んでいるので、基本的には制度がつくられていく事には歓迎という方が多いですが、自分に負担が降りかかったり、今までのコミュニケ―ションや、取得後の態度など、要は人間関係による不満が多いと言えます。

良かれと思った制度が、不満の種になってしまい、結果的に会社を去るとなってしまっては、本末転倒です。

制度は取得する側、取得しない側、どちらに対してもルールが必要となります。そして不満を解消するためには、普段から社内のコミュニケーションを良くしておくしか手立てはないと思います。

 

webでのお問い合わせ

TEL 052-324-7277b受付時間 9:00 〜 21:00 年中無休

Webでのお問い合わせ

株式会社プライオリティ

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-14-18 A-PLACE金山4F
Tel.052-324-7277 / Fax.052-324-7278

Copyright © 名古屋のオフィス環境(複合機,ビジネスフォン)と販売促進(ポスティング,ホームページ制作)を
サポートする企業 株式会社プライオリティ All Rights Reserved.